2014年の節分!恵方巻きの方角は?なぜ無言?豆の数の意味


恵方巻きはなぜ無言か?

2014年の節分

今年の方角は?

その由来から調べてみました

 


sponsored link



 

今年の節分は

 

2月3日(月)

 

 

節分の語源は
「季節を分ける」ことで、
立春(2月4日)の前日を指します

ちなみに大寒最後の日なので
節分の日が一番寒いそうです

 

 

 

そもそもなぜ節分という行事が
始まったかというと、
立春という季節の変わり目には
邪気(鬼)が発生すると信じられていて
その鬼を追い払うという意味で
始まったそうなんです

 

豆まきをするのも
鬼を追い払うためで
年の数+1つ食べる事で
体を丈夫に出来ると
信じられてきました

 

さらに、豆は穀物ですが
穀物というものは
生命力と魔除けの力がある
言われていて、
そんなパワーのある豆は
鬼を撃退してくれると
考えられていたんですね

 

さらにさらに!
豆→魔目で
鬼の目に豆を投げて滅するという
魔滅に繋がるという語呂合わせが
縁起が良いと思われてきたんです

 

こんな感じで
とにかく縁起が良い
行事なんです(^^)

 

 

 

そして恵方巻きについてですが、
今年の方角は東北東です

 

この方角は、

おなじパターンが
5年ごとに
繰り返されているんです!

ご存知でしたか??

私は初耳でした(笑)

 

 

恵方巻きは
豊臣秀吉の家臣であった
堀尾吉春が、節分の前日に
巻き寿司を食べて出陣し
大勝利を収めたという故事が
もとになっていると言われています

 

 

そして巻き寿司の
「巻く」という行為には、

福を巻き込む
縁を切らずに食べる

という願掛けかかけられています

 

 

巻き寿司の形は
鬼の金棒に見立てられていて
それを食べることで、
鬼を退治するという意味に
繋がると考えられたようです

 

 

そして皆さん
不思議に思うことありませんか?

 

「なんで恵方巻きって
無言で食べるんだろう?」

 

この理由には、さっきの願掛けが
関わっています

というのも、

 

福を巻き込んだものを
食べている最中に喋ってしまうと
福が逃げてしまう

 

と思われたからだそうです

さらに

 

恵方巻きを食べるという行為を
神事と捉えた

 

という説もあります

どういう意味かというと、
この恵方巻きを食べるということは
神前行事と同じということです

祈祷してもらうときは
誰も喋りませんよね?

そういう行為と一緒で
きちんとした行為なので
普通の食事と同じように
会話するべきではない
ってことなんです

 

こういう考え方も
あったんですね~

 

 

 

 

そしてそして、素朴な疑問

 

豆で鬼って
本当に退治できるの・・・?

子供から聞かれて
困ったことありませんか?

私もそう思います(笑)

 

という訳で
鬼を倒すための豆まきの方法を
模索している動画があったので
載せてみます

くだらなすぎて大爆笑しました
動画は⇒コチラ

 

 

 

 

以上、節分についてでした!
閲覧ありがとうございました(^^)

 

sponsored link

コメントを残す